大きくてオシャレな服が欲しい方にティンバーの服をお勧めする3つの理由

体が大きな方は、大きいサイズの服がなかなか見つからず苦労しませんか?

そんな方にはティンバーランドの洋服がおススメです。

まあ私がティンバーランド好きのティンバーマニアっていうのもあるのですが、この記事では何故体が大きい方に、ティンバーランドの洋服がおススメなのかを解説していきたいと思います。

理由① アメリカのサイズ展開で大きいサイズの服を作っている

ティンバーランドのアパレル(洋服)のサイズ感についての記事でも紹介していますが、ティンバーランドの服はアメリカのサイズ展開をベースにして服を作っています。

なので日本の物よりも基本的にサイズ感が大きくなっており、かなり体の大きい方でも着れるようになっています。

ちなみに一番大きいサイズはトップスだと日本サイズで5L、ボトムスだと38インチでウエスト100cmに対応と、かなり大きい作りです。

理由② すべての服で大きいサイズを展開している

見出しだけだとピンとこないかもしれません。

有名なアパレルブランドのリーバイスを例に出します。

リーバイスは通年で出している洋服は大きいサイズまで作っています。ですがシーズン毎にだす季節ものの服は基本的に大きいサイズを作りません。

これは大きいサイズはあまり需要が無く、売れ残る可能性が高いからです。

しかし、ティンバーランドの場合はシーズン毎に出す季節ものの服も大きいサイズを作っています。実はこうゆうブランドは珍しいんです。

注意! フットウェアは例外です

ティンバーの洋服は季節物まで大きいサイズが作られていると解説しました。が、ひとつ例外があります。それはフットウェア、ブーツやシューズです。

ティンバーのイエローブーツやデッキシューズ、モカシンシューズなどの定番シューズは31cmくらいの大きいサイズまで生産されていますが、季節物のシューズやブーツは基本的に28cmくらいまでしか生産されていません。

ティンバーランドで大きいサイズの靴を探している方は注意が必要です。

理由③ 服のデザインの幅が広い

ティンバーランドっていうと思い浮かべるのはアウトドアなイメージですよね。

たしかにティンバーはアウトドア系の服も作っていますが、無地のオックスフォードシャツやポロシャツなど、キレイ目な服も作っています。

なのでチェックシャツのようなゴリゴリのアウトドア系の服が苦手な方でも、自分に合う服が見つかる可能性が高いんです。

体が大きくても大丈夫!存分にオシャレを楽しもう!

体が大きく着られる服が少なくて悩んでいた方も、ティンバーランドで服を探せば自分にピッタリと合う服がきっと見つかります。

ティンバーの公式オンラインショップには現在展開されている服がほぼすべて掲載されているので一度のぞいてみて下さい。

また、公式ページではサイズの展開がXLまでになっていても直営店に行くとXXLまであったりするので、近くに直営店がある方はお店に行ってみて実際に試着するのもありですね。

>>ティンバーランド直営店一覧

追記

ティンバーランド以外に、エディーバウアーも大きいサイズの服を展開しているブランドとして有名です。

ティンバーで気になる服が見つからなかった方は、エディーバウアーで探してみてもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA