デッキシューズ・モカシンシューズのシューレス(靴紐)交換方法

デッキシューズ・モカシンシューズのシューレス(靴紐)交換

モカシンシューズやデッキシューズのシューレス(靴紐)の交換方法をご存じの方ってあまりいらっしゃらないと思います。
ネットで探しても情報が出てこないですよね。

シューレースの交換方法でお悩みの方の為に、このページでは実際の方法を写真付きで解説していきます。

用意する道具:ティンバーランド・リレースキット

革紐と千枚通しのような金属の針がセットになっています。

手順その① 革紐を抜く

甲の部分からカカトの部分まで革紐が通っているため、これを抜いていきます。
硬く抜けづらいこともありますが、思いきりよく抜いてしまって下さい。

手順その② 針の後ろに新しい革紐をねじ込む

針の後ろに新しい革紐をねじ込む

針の後ろ部分に穴が開いていて、ネジが切ってあるので、そこに革紐を回転させながらねじ込んでいきます。

この時ねじ込みが甘いと、革紐を通している時に外れてしまうので、しっかりと紐をねじ込んでください。

手順その③ かかと部分に針を通す

かかと部分に針を通す

画像のように針を通します。新しい靴だと硬くて通りづらいですが、ある程度履いた靴なら柔らかくて通りやすいと思います。

硬くて通らない場合でも、無理やり押し込んで通してください。革が柔らかくなるだけで、壊れることはまずありません。

革紐を通し終えたら、左右の長さを調節して均等になるようにしてください。

手順その④ 側面の穴に針を通す

側面の穴に針を通す

側面の穴に針を通します。ここも無理やりでいいので押し込んでください。入りづらい時は革を揉んだりして柔らかくすると入りやすくなります。

革がねじれない様に調節するとキレイに見えます。

手順その⑤ 残りの穴に革紐を通す

残りの穴に革紐を通す

3つ開いているうちの一番下の穴に内側から紐を通します。あとは普通に紐を通していくだけです。

紐が長い場合は適度な長さにカットして下さい。

終わりに

完成

うまくいけば所要時間にして片足10分から15分くらいで終わると思います。新しい靴だと大変で、私は片足に1時間かけたこともありました。(新しい靴で行うと革が柔らかくなり、履き心地が良くなります)

モカシン・デッキシューズの靴紐交換でお悩みの方はぜひ試してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA