ティンバーのカスタムオーダーシステム『Design Your Own』のすすめ

Design Your Own

幅広い年齢層に人気のティンバーランド・6インチブーツ。
あまりにも人気がある為に、街中で他の人とかぶることもしばしば。

そんな時におすすめするのが『Design Your Own』、6インチブーツのカスタムオーダーです。

ティンバーってブーツのカスタムできるの?という方も多いと思うので、まずはシステムの解説からしていきます。

ティンバーランドのカスタムオーダーシステム『Design Your Own』とは?

ティンバーランドのカスタムオーダーシステム『Design Your Own』は、ティンバーが定番商品として展開しているブーツ・シューズを自分好みの色にカスタムして注文できるシステムです。
選べる商品は男性と女性で違います。

カスタムで作れるシューズ・ブーツは以下の通りです。

男性(メンズ)

  • 6インチプレミアムブーツ
  • 6インチプレミアムブーツ VARSITY
  • デッキシューズ
  • モカシンシューズ

6インチプレミアムブーツ VARSITYとは?

6インチプレミアムブーツ VARSITY

6インチプレミアムブーツ『VARSITY』は踵の部分に大きく『Timber Land』の刺繍が入ったモデルです。刺繍以外の部分は6インチプレミアムブーツとまったく同じになります。

女性(レディース)

  • 6インチプレミアムブーツ
  • ネリーブーツ(イエローチャッカブーツ)
  • 14インチブーツ
  • デッキシューズ
  • モカシンシューズ

14インチブーツとは

ティンバーランド・14インチブーツ

14インチブーツとは既製品としては販売されていないカスタムオーダー限定のブーツです。女性用しか存在しません。

6インチプレミアムブーツとの違いとして、アウトソールとミッドソールが一体型であることと、カラー(パット部分)に綿が詰まっていないことがあげられます。

どこで注文できるの?

ティンバーランドのカスタムオーダーは全国にあるティンバーランド直営店、もしくは公式オンラインショップで出来ます。
公式オンラインショップで注文するのが手軽ですが、革の質感や実際の色などが画面上ではわかりづらいので、直営店で実際にサンプルを見てから注文した方がいいです。

注意してほしいのが、全国のアウトレットモールに入っているティンバーランド・アウトレットストアではカスタムオーダーの注文ができません。気を付けてください。

どこの部分の色を変えられるの?

ここでは6インチブーツを例にとって解説していきます。

色の指定ができるのは以下の通りです。ほぼすべてのパーツを変更することができます。

アッパー

カスタム6インチプレミアムブーツ アッパー

画像の中で、黒い革で表示されている部分がアッパーです。タグ(キーホルダー)の色もアッパーと同様になります。

サイドパネル

カスタム6インチプレミアムブーツ サイドパネル

画像の中で、黒い革で表示されている部分がサイドパネルです。

タン

カスタム6インチプレミアムブーツ タン

画像の中で、黒い革で表示されている部分がタンです。

ヒール

カスタム6インチプレミアムブーツ ヒール

画像の中で、黒い革で表示されている部分がヒールです。

カラー(パット部分)

カスタム6インチプレミアムブーツ カラー

画像の中で、黒い革で表示されている部分がカラーです。

ミッドソール

カスタム6インチプレミアムブーツ ミッドソール

画像の中で、黒く表示されている部分がミッドソールです。

アウトソール

カスタム6インチプレミアムブーツ アウトソール

画像の中で、黒く表示されている部分がアウトソールです。

シューレース(靴ひも)

カスタム6インチプレミアムブーツ シューレース

画像の中で、黒く表示されている部分が>シューレースです。

スティッチ(縫い糸)

カスタム6インチプレミアムブーツ スティッチ

画像の中で、黒く表示されている部分がスティッチです。タグ(キーホルダー)とロゴの刺繍の色も、スティッチの色と同色になります。

アイレット(靴ひもを通す穴)

カスタム6インチプレミアムブーツ アイレット

画像の中で、黒く表示されている靴ひもを通す穴がアイレットです。メンズは7ホール、レディースは6ホールです。

文字入れ

文字を入れられる場所は3か所。場所により文字数制限が違います。

タン

カスタム6インチプレミアムブーツ タン文字入れ

タン(ベロ)に3文字入れられます。使える文字は大文字アルファベットのみで、2種類の字体が選べます。刺繍色も選べます。文字を入れなくても注文できます。

ヒール

カスタム6インチプレミアムブーツ ヒール文字入れ

ヒールに3文字入れられます。使える文字は大文字アルファベットのみで、2種類の字体が選べます。刺繍色も選べます。文字を入れなくても注文できます。

タグ(キーホルダー)

カスタム6インチプレミアムブーツ タグ文字入れ

タグに2文字入れられます。使える文字は大文字アルファベットのみで、2種類の字体が選べます。刺繍色も選べます。

タグに文字を入れた場合は片面が文字の刺繍、もう片面がティンバーランドのツリーロゴになります。

文字を入れなかった場合は両面がツリーロゴになります。

文字を入れなくても注文できます。

カスタムオーダーのメリット

その① 他の人と被らない

6インチブーツのカスタムの組み合わせは驚きの136億通り!
革からスティッチまで、細かい部分の色を変更できるので思い通りのデザインを実現できます。

また、毎シーズンごとに6インチシューズの限定カラーが発売されていますが、基本的にカスタムオーダーできる色と、既製品の限定色は被らないので、カスタムした色のブーツと同じ色の限定カラーが発売されるということはまずありえません。

その② じつは安い

カスタムオーダーと聞くと、「でも高いんでしょ」と思いませんか?
ところが価格差を調べるとそんなに違わないんです。
メンズを例にすると6インチブーツの定価は24000円、それに対してカスタムは27000円。実は3000円しか価格差がないんです。
レディースはもっとお得で、定価23000円に対して、カスタムの値段は25000円。すごいお得ですよね。

これならカスタムオーダーの方がいいかな、と思いませんか?

カスタムオーダーのデメリット

その① 納期が長い

カスタムオーダーの6インチブーツはドミニカ共和国で生産されるので、注文から納品まで、夏場などの閑散期は3週間から1か月ほど、冬場の繁忙期などは2か月ほどかかります。
しかも税関で止まったり、オーダーミスで納期が延びることもまれにあります。

なのですぐにブーツが欲しい方には向かないですね。

その② 注文できる場所が限られている

カスタムオーダーできる場所は、全国の百貨店やショッピングモールに入っているティンバーランド直営店か公式オンラインショップのみです。
アウトレット店や、ABCマート、ASBEEなどの靴屋では注文することができません。

カスタムオーダーに挑戦してみよう

ティンバーランド公式ホームページではオンライン上で色の組み合わせを試すことができるので、ぜひ一度試してみてください。

>>カスタムオーダーシステム(ティンバーランド公式ホームページ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA